新規取扱いサービス

Live2Dを用いた
2Dモーションモデル制作

※このデモ動画ではテストとして目の開閉・口の開閉および変形のみにモーションを付けていますが、通常、眉・目玉・首・髪の毛・腕といったパーツごとに作成し、Live2Dにて各々にモーションをつけていきます。

※また、声と唇の動きにズレが生じている箇所がありますが、これはLive2D上で音声ファイルに手動で唇の動きを合わせて作成していることによります。
facerig、3teneなどを用い、WEBカメラ映像の口の動きを自動で読み取ってモーションに反映するという使い方を想定しています。

このサービスは、 真夜中WEBでこれまでにも取り扱っておりました2DCG関連サービス(illustrator、photoshopなどによるイラスト制作、マスコット制作、ロゴ制作など)のうち、イラスト制作・マスコット制作などのサービスを拡張するものです。

デモ映像として真夜中WEBのマスコット風キャラクターを新たに制作してみました。

おおまかな手順としては、
① ペイント系ソフトでパーツごとにレイヤーを分けたイラストを制作し、レイヤーごとに画像ファイルとして書き出し
② Photoshopにて①で書き出した画像ファイルをすべて読み込み、レイヤーのフォルダ構成を調整の上、.psdで書き出し
③ Live2Dにて②で書き出した.psdファイルを読み込み、各パーツのメッシュを調整してモーションをつける(今回はテストのため、目はまばたきすれば十分だったためお手軽な画像切り替え方式で、口はセリフに合せるために最低でも「あいうえお」が必要だったため、きっちりとメッシュ変形によりモーションをつけた)。

企業マスコットによるブランディング、Vtuberモーションモデル、オンライン通話用の動くアバター、などの用途にいかがでしょうか。

制作手順を見る

After Effects を用いた
モーショングラフィックス制作

※このデモ動画は、真夜中WEBのプロモーションビデオの制作依頼があったならという体で制作してみました。

このサービスは、 真夜中WEBでこれまでにも取り扱っておりました2DCG関連サービス(illustrator、photoshopなどによるイラスト制作、マスコット制作、ロゴ制作など)のうち、マスコット制作、ロゴ制作のサービスを拡張するものです。

会社案内や企業理念の紹介ビデオとして、または企業マスコットによるブランディング、動くインフォグラフィックとしてなど幅広い用途に向いています。

制作の意図や方向性がある程度固まっている場合にはより具体的に内容をお伝えいただいたほうがより良いものを短い納期でお渡しできます。

Twinmotionによる
建築ビジュアライゼーション

※ここではレンダリング動画によるデモのみとなっておりますが、当該建築ビジュアライゼーションは様々な形でご利用いただけます。
具体的には、360°VR画像・動画、プレゼンテーションなどを始め、実行ファイル形式での納品においては実際に当該3D空間をゲームなどと同じように動き回ることも可能です。(スタンドアロンの実行ファイルなので、ビューワー等、他のアプリケーションのインストールを必要としません。)
また、WEBサーバー上に設置することにより、WEBブラウザ上で同様の体験を提供するサイトも出てきています。

真夜中WEBでは、Twinmotionによるものを始めとして建築ビジュアライゼーションという分野に力を注いでいくことを企図しております。

どのようなデモ動画にしようか悩みましたが、普通の建物では面白みがないため、「もし衣装ケースが家だったら」というコンセプトの元に動画を作成してみました。
動画内で使用しているアセット(3DCG制作における素材データのこと。ここでは3GCGオブジェクトをいいます。)の約半分はTwinmotionにデフォルトで入っているものを、衣装ケース本体など残りの半分をモデリングソフトで作成。

2つ目の動画は同じシーン内のオブジェクトを断面図表示しているTwinmotionの操作画面をキャプチャしたものです。

Twinmotionは建築ビジュアライゼーションに特化したアプリケーションであり、プレゼンテーションや打ち合わせの際のデザインプロセスの合意形成、実店舗に初めていらっしゃるお客様への事前情報の提供などといった役割を担うものとしては必要十分とおもわれます。

くわしく見る

↑準備中です。

Unreal Engineによる
建築ビジュアライゼーション

申し訳ございません、未だデモ動画の完成には至っておりません。

先に掲載しました「Twinmotionによる建築ビジュアライゼーション」とどう違うのかとお考えのことと思われます。

Twinmotionが建築ビジュアライゼーションに特化した、「専門アプリケーション」であるのに対し、Unreal Engineは「ゲームエンジン」です。
至極簡潔に言いますと、ゲームを作るためのアプリケーションです。※最近は様々な形での非ゲーム用途利用が行われています。
それなら専門ツールのTwinmotionのほうがいいんじゃないの?ということになりそうですが、両者の間にはそうも言い切れない違いがあります。
ここで1つだけ挙げますと、フォトリアリスティック表現に違いがあります。
Twinmotionの紹介動画でもお分かりいただけるかと思いますが、Twinmotionのテクスチャやマテリアル、リアルタイムレンダリングであっても十分綺麗ですが、Unreal Engineで時間をかけて制作したものにはかなわないでしょう。 (※また、先に述べましたが、建築ビジュアライゼーションの本来の目的であるプレゼンテーションや打ち合わせの際のデザインプロセスの合意形成のみが目的であれば必要十分です。)

例えるなら、Twinmotionが3日で60点のビジュアライゼーションを作成できるアプリケーションであるとすると、Unreal Engineは30日かかるけれど90点のビジュアライゼーションができるアプリケーションといったところでしょうか。

Blenderによる
WEBサイトのメイン画像および
3DCGアニメーションの制作

この画像はBlenderでレンダリング出力した画像そのままですが、サイトトップページのメイン画像などとして使用の際には更にPhotoshopによるレタッチを行います。

当然のことながら、WEBデザインも時代のトレンドと無関係ではありません。
当初、3DCGモデルからレンダリング出力した画像や動画の直接的な利用はあまり考えていなかったのですが、3DCGモデルからテクスチャやマテリアルの反射を排して出力したノンフォトリアリスティックな画像や動画は最近、あるいは近い将来のトレンドに合致する可能性があるのではないか、との考えに至りました。
(建築ビジュアライゼーションとはまったく逆ですが。)

さかのぼりますと、スキューモーフィズム(リアルな表現)からフラットデザイン(シンプルな表現)、マテリアルデザイン(フラットデザインにスキューモーフィズムをからめた感じでしょうか)など時代とともに求められるデザインも変わっており、2020年のトレンドの一つとして挙げられることも多いニューモーフィズムなどもスキューモーフィズムの1形態という捉え方のようです。

なんだかリアルな表現とシンプルな表現を行ったり来たりしてる感もありますが、ノンフォトリアリスティックな出力画像や動画はスキューモーフィズムほどリアルではなく、フラットデザインほどシンプルでない、まさにいい感じの塩梅なのでは。
スタンダードパックにてサイトの新規制作をご契約いただけた場合、パック料金内にて3DCG出力によるメイン画像を制作いたします。

くわしく見る

↑準備中です。