もっともっとモックアップを活用しよう 1

candle-mock-up

Mockup(モックアップ ※模型の意)とはデザインなどの現場で使われる手法の一つで、作成過程で完成イメージをビジュアル的に確認するために使われるもので、プレゼンテーションやブランディングイメージ作成シーンに欠かせないものとなっています。

一から自分で制作することもできますが、最近は.PSD(フォトショップ形式ファイル)などの無料素材が豊富にあるのでそのような素材を利用することで簡単に見栄えのするモックアップを制作することができます。

今回はそのような無料素材を使ってモックアップを制作する手順を紹介します。
※手順と言ってもフォトショップがあればだれでもできます。

↓ 今回はこの無料サンプル素材を使用します。
Free Sample Candles Package Mockup set

リンク先ページの「DOWNLOAD FREE SAMPLE」をクリックするとダウンロードページに飛ぶので、価格入力箇所に「0」を入力して「ダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたらZIPファイルを解凍し、中に入っている.psdファイルを開きます。

するとパッケージが真っ白のモックアップコンテンツが4つ表示されます。
4つのコンテンツはそれぞれフォルダでグループ化されているので、

フォトショップ操作

変更したいコンテンツのフォルダを開き、中に入っているスマートオブジェクトレイヤーをダブルクリックすると別ファイルで編集画面が開きます。

開いた編集画面にモックアップのパッケージに表示したい画像を配置し、当該ファイルを保存すると自動的に元ファイルのスマートオブジェクトに反映されます。

使いたいコンテンツにそれぞれ画像を適用したら、コンテンツの位置変更やトリミング、その他の編集を施したら画像を書き出して完成です。

4つのうちの2つのパッケージの画像を変更してトリミングしただけの簡単な編集ですが、以下のように見栄えのする画像ができあがります。
※今回は行いませんでしたが、キャンドルの色などその他いろいろと変更したりできます。

candle-mock-up

最後にプラスチック製マグカップのモックアップを真夜中WEB仕様に編集してみました。
Freebie! New Glass Mug Animated Mockup こちらのモックアップはぐるっとまわる動画も制作できるようです。(静止画版のstaticと動画対応版のanimationがあります)

2018年html5最小テンプレートとよく使うhtmlスニペット

htmlコーディングの骨組みとなるhtml5のテンプレートとコーディングを行う上でよく使うスニペットをまとめました。真夜中WEBではご依頼内容に合わせた手打ちのコーディングを行っておりますので備忘録の意味合いもあります。…続きを読む

facerigや3teneで動かせるようにLive2Dでモーションをつける

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。 制作の流れは以下のようになります。 ① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。 ② 画像編集ソフトで画像をインポートし…続きを読む

Open Street MapはGoogle Mapの代替案となりえるのか

2018年7月16日よりgooglemapの仕様変更に伴ってgooglemapAPIを使って呼び出している地図(カスタマイズを施しているものを含む)を表示するにはAPIキーとお支払い情報の設定が必須となりました。 このこ…続きを読む

プラグインに頼らないでワードプレスを移転する。ドメイン変更対応

最近はサイト内にワードプレスが設置されている、またはサイト自体がワードプレスでできている、ということが多くなってきました。 それに伴って、当然のことながらサイトを設置しているサーバーの移転にはワードプレスの移転も含まれる…続きを読む

ユーザビリティ向上のためにサイトの表示スピードを改善する

highway

真夜中WEBがコンセプトとして掲げる3つの要素に「軽さ」があります。 軽さとは、サイトを構成するhtmlやcss、javascript、php、画像などのファイル群自体の容量の小ささを言いますが、このことだけにとどまらず…続きを読む

もっともっとモックアップを活用しよう 1

candle-mock-up

Mockup(モックアップ ※模型の意)とはデザインなどの現場で使われる手法の一つで、作成過程で完成イメージをビジュアル的に確認するために使われるもので、プレゼンテーションやブランディングイメージ作成シーンに欠かせないも…続きを読む