facerigや3teneで動かせるようにLive2Dでモーションをつける

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。

制作の流れは以下のようになります。

① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。
② 画像編集ソフトで画像をインポートして.psdでエクスポートする。
③ Live2Dで.psdをインポートしてモーションをつける。

完成デモ動画


①今回はイラスト制作にFireAlpacaを使用しました。(イラストが制作できるソフトであれば何でもいいと思います。)

エクスポートはパーツごとにレイヤーを分けた画像ファイルで、下図の赤枠で囲った箇所が今回のパーツ構成になります。



※通常、目のパーツは上まぶた、下まぶた、白目、眼球、まつげなどに分割して書き出します。
今回作成するデモでは目はまばたきさえすればいいので作業量削減のため画像切り替え方式としています。

また、今回は目・口以外を動かす予定はないので目・口以外のパーツをすべてまとめてしまいましたが、イラスト制作段階では下図のようにキチンと分かれています。





②画像編集ソフトで①でパーツごとに書き出した画像をすべて読み込みます。
複数レイヤーで構成されているパーツはフォルダで分けて、下図のようになっていれば問題ないと思われます。
.psd形式で出力します。 ※下図画像はPhotoshopでの作業表示ですが、ここでの作業はペイント系ソフトからLive2Dへと橋渡しをするだけなので、.psd形式で書き出せるソフトであれば何でもいいと思います。(レイヤーを分けてLive2Dで読み込む場合、通常.psdを使用するため)
試してはいませんが、GIMPなど他のペイント系ソフトでも.psdでの書き出しをサポートしているようです。





③Live2Dにて②で出力した.psdファイルを読み込みます。
基本的に画像編集ソフトでフォルダ分けしたとおりに読み込まれているはずです。

今回、目は画像切り替えのみでまばたきを表現するので、口の開閉および口の変形を構成する上くちびると下くちびるのメッシュを変形しました。
変形後のメッシュ(初期状態で開いていた口を閉じるように変形)




変形後の目と口のパラメータは以下のとおりです。





口は開閉4段階、変形3段階の計12パターンで制作されることが多いようですが、今回は「あいうえお」が表現できればいいので、開閉4段階、変形2段階の計8パターンで制作しました。



動くマスコットによる企業紹介・案内・ブランディングなどでの使用をお考えの企業様、Vtuberとして活動するにあたってオリジナルのモーションキャラクターを作りたい方、などいらっしゃいましたらお気軽に「真夜中WEB」までお問合せください。

※新規業務としての取扱いとなりますので多少お時間をいただきますが、格安にてご提供いたします。

プラグインに頼らないでワードプレスを移転する。ドメイン変更対応

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。 制作の流れは以下のようになります。 ① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。 ② 画像編集ソフトで画像をインポートし…続きを読む

ホームページに3DCGコンテンツを埋め込んでブラウザでグリグリ動かす1

3D

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。 制作の流れは以下のようになります。 ① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。 ② 画像編集ソフトで画像をインポートし…続きを読む

2018年html5最小テンプレートとよく使うhtmlスニペット

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。 制作の流れは以下のようになります。 ① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。 ② 画像編集ソフトで画像をインポートし…続きを読む

よく使うワードプレスのphp関数スニペット。随時追加

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。 制作の流れは以下のようになります。 ① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。 ② 画像編集ソフトで画像をインポートし…続きを読む

Atom vs VSCode vs Brackets、もっとも使いやすいエディタはこれだ!…といいな

typewriter

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。 制作の流れは以下のようになります。 ① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。 ② 画像編集ソフトで画像をインポートし…続きを読む

facerigや3teneで動かせるようにLive2Dでモーションをつける

デモのため真夜中WEBのマスコットキャラクターを制作してみました。 制作の流れは以下のようになります。 ① ペイント系ソフトでキャラクターのイラストを制作して画像エクスポートする。 ② 画像編集ソフトで画像をインポートし…続きを読む